記事一覧

北杜市稲絵アートフェスティバル…稲刈りは終わりました

北杜市の稲絵アート


稲絵アート (4)

山梨県の北杜市や八ヶ岳周辺に行くと感心することがあります。
それは、町ぐるみで観光イベントやスポットを作っているということです。

こちらは、北杜市の“稲絵アートフェスティバル”です。

みなさんは稲絵アートってご存知ですか?
私も知らなかったのですが、稲の模様って刈ったり、焼いたりして色を付けているのかなと思っていたのですが、違う品種の稲を植えているのですね。

稲穂が色付きそうな季節…ふくろうの絵が綺麗でした(^_^)

稲絵アート (3)

国道141号線沿いで行っている稲絵アートですが、道路から直接見えるわけではないので行き過ぎてしまいそうになりました。

稲絵アート (1)

国道沿いに稲絵アートフェスティバルの看板を見つけたら駐車場です。
箕輪新町交流施設の駐車場に車を停めることができます。

稲絵アート (2)

箕輪新町交流施設の農産直売所では、野菜や果物なんかも販売していました。

稲絵アート (5)

北杜市の稲絵アートは、山梨県で唯一みたいです。
今年は、2,255㎡の田んぼに4種の色の異なる稲で「ふくろうの一家と北杜市の夜空」を描いているようです。

今年の稲刈りは9月10日(土)だったようです。
夏の青い空の下に見る稲絵アートも良いかもしれませんが、夕焼けに映る稲絵アートも日本の原風景って感じがしました。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

こんにちは。
違う品種の稲を飢えているんですか。
すると田植えの時にもうデザインされているということなのでしょうか? それとも後から成長した稲を植えるのかな?

Re: タイトルなし

カノッチさん、コメントありがとうございます。
私自身も詳しくは分かりませんが、想像するには違う品種を田植えの時に植えていると思います。
田植えの時にしっかり根がつかないと稲は成長しないので、計算されたデザインということではないでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター