記事一覧

往馬大社の『いこまえびす』が2月3日になったのは何故なのか?

往馬大社(いこまたいしゃ)のゑびす 2月3日になった?


いこまえびす (3)

生駒の氏神である往馬大社ですが、先日2月3日はえべっさんでした。
「えっ!えべっさんって1月9・10・11日の行事じゃないの?」と思っていませんか?

他の地方行事はわかりませんが、大阪の今宮えびすなどは毎年1月9~11日に笹を持っていくというのが一般的なので、関西では1月が『ゑびす』だと思ってしまいます。

いこまえびす (1)

ただ、ちょっと調べた結果ですと、1月がゑびすの日という理由はないようです。
そう考えると、いつでもいいのかとなってしまいますが・・・

いこまえびす (2)

話は戻しまして、往馬大社の『生駒ゑびす祭り』は、2月3日の午前10時から午後8時まで行われているようです
しかも2月3日は節分と重なるので、午前10時から節分厄除祭(豆まき)、午後6時から千燈明・崇敬祭(せんとうみょう)が行われているので、忙しい一日ですね。

いこまえびす (4)

仕事帰りだったこの日(2月3日)に、たまたま往馬大社の前を通ると鎮守の森に明かりが煌々とついていてお祭りムードになっていました。
何かと調べると『生駒ゑびす』だったのですが、生駒市内も含め商売(商い)をされている方は、たくさんいるんですね。
次から次へと車が来てお参りされているのが印象的でした。

いこまえびす (5)

往馬大社には、えべっさんが祀られています。
普段は、伊古麻都比古神・伊古麻都比賣神、および氣長足比賣命(神功皇后)・足仲津比古命(仲哀天皇)・譽田別命(応神天皇)・ 葛城高額姫命(神功皇后の母)・息長宿禰王(神功皇后の父)が主役の往馬大社かもしれませんが、この日だけは“えべっさん”が主役ですよね。

いこまえびす (6)

千燈明(せんとうみょう)では、境内のあちこちに神秘的な灯りが灯されていました。
冬の澄んだ空気の中の小さな灯りがとても暖かく感じるのは何故でしょう。

往馬大社のお知らせとして↓

1月9日宵戎祭り1月10日生駒戎祭りを平成28年度より生駒戎祭りとして2月3日へ変更させていただきます。
平成27年度まで2日間にわたっての行事でしたが、平成28年度以降1日のみですのでご注意下さい。
2月3日は10時より節分厄除際、18時より千燈明、また同時進行にて10時~20時まで生駒戎祭りとなります。
皆様方にはご理解いただき、今後行事の発展にご協力下さいますようによろしくお願い申し上げます。


となっていました。
変更理由は何だったのかは不明のままですが、来年度以降も2月3日で定着しそうですね。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター