記事一覧

今庄365スキー場のリフト券購入と休憩スペースは?【ファミリー編】

今庄365スキー場で楽々遊べるポイントは?


今庄スキー場365便利 (18)

先日、スキーを楽しんだ“今庄365スキー場”ですが、インターネットなどの情報が少なく、何が必要で何がいらないかなどがよく分からなかった気がします。
特に家族(ファミリー)で楽しむスキー場かどうかは、小さい子供さんがいるところだと気になりますよね。

今回のテーマは、家族で行くなら“今庄365スキー場”はどうかということを検証しました。
前回のブログでも紹介しましたが、関西圏から2時間圏内のスキー場です。

2時間圏内のスキー場で思い浮かべると滋賀方面か兵庫県方面になりますが、微妙に福井県(滋賀県のほぼ県境)となっています。

今庄スキー場365便利 (19)

“今庄365スキー場”の案内表示板です。
前回の記事でも紹介しましたが、レストランや軽食(イートイン)などは、けっこう充実しています。

スキースクールやレンタルはセンターハウスで受付しています。

リフト券売り場の場所がわかりにくい?


“今庄365スキー場”に到着して多くの人が困っていたのが、リフト券売り場の場所です。
案内表示を見ても、ちょっとわかりにくいと思っている人が多かったように思えます。

リフト券売り場は、センターハウスの中央からゲレンデに出れば、「第一チケット売り場」があります。
建物がセンターハウスとどうかしているので、わかりにくいというのか見つけにくいかもしれません。

ちょっと良かった点ですが、リフト運行が8時からだった土曜日ですが、7時過ぎには「第一チケット売り場」でチケット販売を開始してくれました。
早くにチケット売り場がオープンしたので、チケットを購入するときに渋滞にならずに助かりました。

2017今庄365 (7)

子どもさんを待たせてリフト券売り場に並ぶのも大変なので、事前に購入すれば時間短縮にもなり、ファミリーにとってはありがたいサービスではないでしょうか?

今庄スキー場365便利 (6)

8時からだと「第二チケット売り場」も販売開始します。
ゲレンデ側に堂々とチケット売り場が存在しますが、ちょっとわかりにくいといえばわかりにくいのかもしれませんね。

無料休憩所の利用ってどんな感じ?



今庄スキー場365便利 (7)

最近のスキー場では無料休憩所があります。
小さい子どもさんがいると一日中、スキー場にいるのも大変なので適度に休憩するのが雪を楽しむ方法です。

“今庄365スキー場”の無料休憩スペースは、センターハウスの2Fにあります。
休憩スペースの大きさは、15m×20mといったところでしょうか?

子どもさんのお昼寝などにも利用できるスペースですが、基本は飲食禁止です。

今庄スキー場365便利 (2)

敷物や場所取りもダメなようですね。
無料休憩所の利用時間は、8:30~16:00までとなっているので、マナーを守って使えば便利なシステムです。

今庄スキー場365便利 (12)

子どもさんがいると荷物もいっぱいですよね。
リュックサックなどを背負って滑るのもいいですが、貴重品や濡れたら困るものなどは置いておきたい。
車まで戻るのが遠いならコインロッカーの利用もできます。

サイズは縦350㎜×横400㎜×奥行500㎜くらいで、1回の利用は200円です。
楽しく遊ぶコツは効率よく手を抜くことです。

“今庄365スキー場”のリフト売り場のオープンが早かったので、長蛇の列で並ばなくてすみました。
また、無料休憩スペースも便利な施設なので、小さい子どもさんがいるファミリーは、ぜひ利用してほしいですね。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター