記事一覧

御在所岳下山コースは慎重に!登りより危険なので注意すべし

御在所岳登山は登るより下りルートを考えるべし


御在所岳「表登山道」 (1)

登山コースが多彩な御在所岳ですが、コース選びは重要です。
花崗岩の岩場が多い御在所岳の登山道は、登りより下りの方が危険です。

登りは前回も紹介しました「中登山道」がおススメですが、下りのルートの選択はどうでしょう?

・表登山道
・裏登山道
・中登山道
・一の谷登山道


主に4つのコースからルートを決めなければなりませんが、「中登山道」は岩場が多く上り下りのすれ違いも大変なので、下山には向いていません。

今回、私が選択した下山コースは「表登山道」です。
緑の中を歩くので、天気が良い日でも影が多く体力の消耗が少ないのが特徴です。

御在所岳「表登山道」 (3)

「表登山道」では、沢沿いを歩くところがあります。
水辺を歩くルートは涼しく、心地よい風が吹いているので気持ちいいですよね。

岩肌や登山道のルート上にも水が染み出ているので、登山シューズ(トレッキングシューズ)は必須です。

ただ注意したのが“道迷い”です。

御在所岳「表登山道」 (4)

けっこう頻繁に道迷いが発生している「表登山道」ですが、「中登山道」ほど看板(案内)が少なくルートが分かりにくい気がします。
「中登山道」に比べて、登山される方が少ないせいか登山道も少し荒れているって感じです。

御在所岳「表登山道」

御在所岳の登山コースの紹介では、『他の登山道と比べ距離が短く健脚向きです。途中で百間滝が望める展望台があります。そこからは緑の中を進みます。山上付近で沢を下るミスコースに注意して下さい。』とのことです。

■ コースタイム
スタート 12:15
ゴール 13:50
距離 2,800m(参考値です)


御在所岳「表登山道」 (6)

登る方なら問題なく上がっていけそうですが、下るとなると岩場や砂地は非常に歩きにくいですよね。
御在所登山では、踏ん張れば登れるルートは多いのですが、下りになると足を滑らせてしまうこともあるので危険です。

御在所岳「表登山道」1

鈴鹿山脈から流れ出る川の水は南アルプスの尾白川のようにきれいな水です。

水の登山コースとも言われる「表登山道」ですが、見どころは“百間滝”ですね。

御在所岳「表登山道」 (2)

写真ではわかりにくいかもしれませんが、落差70 mの“百間滝”は百間滝見晴台から眺めることができます。
緑の中を歩く登山ルートの御在所岳「表登山道」ですが、夏の季節に近づくと緑の木々や葉が成長し登山コースを遮ることもあります。

安全に登山するためにも長袖、長ズボンの着用することをおススメします。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター