記事一覧

仁淀川ブルーを見るために高知へ!こどもの日はこいのぼりが泳ぐ?

日本一の清流!仁淀川のイベント


仁淀川こいのぼり (8)

高知県の中央部を流れる仁淀川は日本で一番の清流です。
高知県の清流といえば四万十川を思い浮かべると思いますが、西日本最高峰の石鎚山から124km流れる仁淀川は、全国の一級河川の水質ランキングでも連年の第一位を記録し、美しい水の色を楽しむことができます。

まさに“仁淀川ブルー”といわれる美しい川です。

仁淀川といえばラフティングやキャンプ、川遊び、沈下橋というようなイメージを持たれるようですが、太平洋に流れる美しい川の魅力を紹介したいと思います。

仁淀川の和紙の町、こいのぼりが泳ぐ町


仁淀川こいのぼり (2)

今回、GW(ゴールデンウイーク)に仁淀川に行ったのは、こいのぼりを見るためです。

高知県の観光スポットといえば、桂浜や高知城が2大スポットらしいのですが、ちょっとレアというのか県外から訪れる人が訪れる機会が少ないのが仁淀川です。
なぜなら高知県で一番有名な川といえば四万十川で仁淀川をしらない人もいるようです。

こいのぼりが川を泳ぐ美しい仁淀川ブルーを楽しみに訪れたのですが、残念な結果で天気が悪かった・・・。
あいにくの曇りと雨といった悪天候では、仁淀川ブルーを見れませんでした。

特に川の色は、空の色や太陽の光を反射し美しい色を出します。
仁淀川ブルーも例外ではなく、美しい川なんですが曇りや雨模様では残念でした。

「仁淀川紙のこいのぼり」のイベント会場ですが、「いの町波川公園」で開催されています。

仁淀川こいのぼり (3)

ちょっと場所がわかりにくいのですが、住所や連絡先を調べていました。

いの町波川(はかわ)公園
■住所
高知県いの町波川1862-4
■問い合わせ
いの町役場産業経済課 088-893-1115

夏場には、朝から夜まで川遊びやキャンプをする人でにぎわう仁淀川を代表する川遊びスポットです。

仁淀川こいのぼり (4)

場所がちょっとわかりにくいのですが、国道33号線の仁淀川橋付近が“こいのぼりイベント”です。
実際にこいのぼりを川辺から見ても仁淀川を泳いでいるこいのぼりがわかりにくいので、仁淀川橋から見たり写真を撮るのがポイントですよ。

仁淀川紙のこいのぼり”は毎年、5月3日から5月5日までの3日間開催されており、不織布で作られた色とりどりのこいのぼりが350匹も泳いでいます。
会場にはお店がたくさん出ていてにぎやかな雰囲気です。

仁淀川こいのぼり (5)

けっこうフェスみたいなイベントは、食べどころがなかったり食べ物の売り切れが多いのですが、天気の影響か食べ物や飲み物もたくさんあって夏のお祭りのようです。

仁淀川こいのぼり (10)

高知らしく「ゆずドリンク」や「アイスクリン」といったものも販売されていて、お昼どきでなくてもデザート気分でこだわりグルメを見つけるのも楽しいかもしれません。

河原には大きなこいのぼりが泳いでいます。

仁淀川こいのぼり (7)

竹竿についた大きなこいのぼりを走って風になびかせるのですが、あまりにも大きく重たいのですが意地になってしまいました。

国際大会?水切りイベントが本格的


仁淀川こいのぼり (6)

仁淀川の初夏のイベントは“仁淀川紙のこいのぼり”だけではなりません。
水切りイベントも開催されていました。

水切りって平らな石を水面すれすれに投げてピョンピョン跳ねさせるやつなんですが、大会なんかもあるんですね。

5月のイベントは予選みたいなもので、毎年8月には200人以上が集まる“仁淀川国際水切り大会”が開催されるみたいです。

今回は、残念な天気で仁淀川ブルーを見ることができませんでしたが、5月の紙のこいのぼりイベントを楽しむことができたので、満足しました。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター