記事一覧

白川郷の観光のアクセスは?合掌村はテーマパークみたい!

合掌村の駐車場やアクセスって意外にわかりにくい


白川郷合掌村 (9)

奥飛騨まで行ったなら合掌村に行くのは、テッパンコースです。

合掌村、集落はいくつかあると思いますが、テーマパークのようにお土産屋さん、食事処、宿泊施設が一番多いのが萩町合掌造り集落になります。

アクセスは、東海北陸自動車道の白川郷ICを下りて国道156号で南へ5~10分ほどです。

白川郷アクセス

萩町合掌造り集落
■ 住所
岐阜県大野郡白川村荻町1086
■ 電話番号
05769-6-1013
受付時間(9:00~17:00)

萩町交差点から合掌造り集落までは、時間によって乗り入れができません。
※9:00~16:00までは本通りは観光車両乗り入れ禁止

駐車場に停めて歩いて白川郷の合掌村に行かなくてはなりません。
白川郷の合掌村の駐車場は、村営せせらぎ公園駐車場になります。

白川郷合掌村 (4)

村営せせらぎ公園駐車場
■ 収容台数
大型車:約40台、普通車:約200台
■ 駐車料金
バス・マイクロバス 3,000円
普通車 1,000円(2017年4月から)
二輪車 200円
■ 営業時間
8:00~17:00

村営せせらぎ公園駐車場の料金改定について
「せせらぎ公園駐車場」の駐車料金を1,000円に改定させており、駐車場の運営と併せ、世界遺産の保全とご来訪皆様の受入対策など広く活用のため

総合案内についても営業時間は9:00~16:00で、トイレは年中無休で、8:30~17:00まで利用できます。

世界遺産の合掌村の歩き方


白川郷合掌村1 (1)

世界遺産の合掌村ですが、村全体をのんびり歩くだけでも2時間くらいは欲しいですね。
初夏はアジサイも咲いていて、写真の構図も楽しめます。

お土産屋さんや食事処、観光名所などもありますし、カメラを持って写真を撮る人もたくさんいます。

萩町の合掌村には“明善寺”というお寺があります。
文化財の庫裡(くり)、鐘楼門、本堂、イチイの木によって知られる由緒あるお寺で、真宗本覚寺より分派した門信徒により1748年に創建されました。

白川郷合掌村 (10)

屋根は茅葺きですが、1階に板庇(ひさし)をつけた珍しい建築物らしく、亨和2年(1801)加藤定七により、延べ人数1,425人を要して建てたと伝えられています。
梵鐘(ぼんしょう)は第二次大戦中に供出されたため、現在のものは戦後に鋳金工芸作家の中村義一氏(高岡市)によって作られたものです。

そして、合掌村の全景を見渡すスポットは展望台です。
せせらぎ駐車場からは35分程度かかるので、時間に余裕をもっていきたいですね。

白川郷合掌村 (7)

荻町城跡展望台(おぎまちしろあとてんぼうだい)は、荻町城跡の台地西北部は断崖絶壁になっている典型的な中世の山城で、本通りを中心に合掌村を一望できます。

食事処もたくさんありますが、“そば脇本”でおそばをいただきました。


白川郷合掌村 (5)

せせらぎ公園駐車場より国道側にある蕎麦屋さんで営業時間も6:30くらいから営業しているようです。

白川郷合掌村 (3)

そして、お蕎麦だけでなく軽食もありますし、広い合掌造りの中で食事を楽しめます。
食事をすると駐車場に車を停めさせてもらえるので、駐車場料金がいりませんでした。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター