FC2ブログ

記事一覧

誰でもできる?信楽焼の陶芸教室で手ひねり体験してみた!

自分で信楽焼を手作りしよう


20180130信楽陶芸村 (3)

滋賀県信楽の信楽焼で一番にイメージするのがタヌキの置物ではないでしょうか?

蕎麦屋さんの入り口に置いているタヌキは縁起ものです。
これだけ日本に普及して日常生活に浸透しているキャラクターはいません。

信楽の街に行けば、陶芸店の前にタヌキが出迎えてくれます。
あまりの信楽焼に初めての人はビックリしてしまうのではないでしょうか?

そんな信楽焼を体験できる場所が、いくつかあります。

20180130信楽陶芸村 (4)

予約は必要ですが、信楽焼体験を陶芸村で体験してみました。

奥田忠左衛門窯 信楽陶芸村陶芸体験
■ 住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1131
■ 電話番号
0748-82-0522


国道307号の近江グリーンロードから少し民家の方に入ったところに窯元があります。
陶芸村の中には坂を活かして、登り窯もありCAFEになっています。

売店では信楽焼が多数販売しています。
定番の狸の他にも焼酎樽や箸置き、一輪挿しなどさまざまです。

20180130信楽陶芸村 (14)

最近では、タヌキ以外にも猫やフクロウといったキャラも誕生しています。
駐車場も大型バスが停められるほど広いので、自由に置くスペースがあります。

いろいろ体験できる陶芸村


20180130信楽陶芸村 (13)

私が体験したのが、信楽陶芸村の陶芸教室での体験です。

車で行っても駐車場があり、売店や登り窯Cafeなどもある陶芸村です。

信楽陶芸村は、1888年からの奥田忠左衛門窯の窯元です
陶芸村というだけあって信楽焼についてもちょっぴり勉強できます。

陶芸体験を陶芸村にした理由は、豊富な陶芸体験ができることです。

・手ひねり(1,500円)
・狸づくり(2,000円)
・灯りづくり(3,000円)
・電動ろくろ(3,000円)
・絵付け(800円)
・狸八福絵付け(1,000円)
※税別
といったことが体験できます。

20180130信楽陶芸村 (8)

ろくろはどれくらいの年齢からできるのでしょうか?
年齢制限はないのですが、小さなお子さまはちょっと難しいと思います。

簡単なのは、出来上がっているカップや湯呑に絵付けをすることです。
絵の具のように好きな模様を絵付けできるので、イラストやキャラクターなどを描いても楽しいですよね。

電動ろくろは、ちょっと上級者向けみたいです。
初めて土いじりをする人は、手ひねりから始めてはいかがでしょう。

時間制限はないし、失敗しても土を捏ねて最初からやり直すことができますが、形がいびつなのも味わいがあって良い思います。

陶芸村で信楽焼の手ひねり体験


20180130信楽陶芸村 (2)

私は、手ひねり体験2回目です。
10年以上前に一度、体験しました。

子どものころに遊んだ粘土遊びのように楽しいです。
ろくろの上に平らな土台を作ります。

20180130信楽陶芸村 (10)

机に置いてあるのは、ろくろと土、へらなどです。
何を作るかはイメージしておくことが大切ですね。

陶芸教室の体験なので、最初にどうやって作るかを丁寧に教えてくれます。

土台を作ったら皿にするかコップにするかを決めなくてはなりません。

20180130信楽陶芸村 (12)

手ひねりというだけあって、土台のあとは手でひねった土を形にして整えていきます。

肩を揉むように土を整えて作っていくのですが、私の場合は大きめの湯呑を作りました。
信楽焼も焼いたら土が縮むので、少し大きめに作るのがコツです。

ヘラや竹串で模様をつけたりして、自分の作品を完成させます。

陶芸体験で作った作品は、当日中に持ち帰ることができません。
窯で焼く必要があるためです。

後日、取りに来るか送料を払って送ってもらうことになります。

送料
・北海道、沖縄 2160円
・東北、九州 1620円
・関東、信越、東海、北陸、四国、中国 1296円
・近畿 1080円
・滋賀県内 864円

20180130信楽陶芸村 (11)

混雑具合に寄りますが、私の場合は1カ月ほど先に届くと言われました。
作品を焼く時間や送付する時間がかかるようです。

手ひねりは、粘土遊びのように楽しいです。
器を作るときは、土を触るので手も汚れます。

20180130信楽陶芸村 (5)

汚れても良い服装で行った方が安心です。
体験が終わった後は、お湯で手を洗わせてくれます。

初めてするなら“手ひねり”の陶芸体験はどうでしょう。
意外と夢中になってしまう体験でした。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター