FC2ブログ

記事一覧

東生駒の“山の音”でランチは懐かしい和食だった

生駒のうどん屋さんでもナンバーワン級かも


東生駒うどん_山の音 (10)

寒い季節は、温かい食べ物が人気です。
外食でも蕎麦やうどん、ラーメンといった麺類が人気ですし、がっつり食べるなら鍋類というもの選択肢ですよね。

今回、東生駒にある“山の音”(やまのね)さんで、うどんを食べました。
ここ最近、まんねりしたうどんに飽きていた私ですが、久しぶりに電撃が走るほどの美味しいうどんに出会った感じです。

東生駒にある山の音の和食メニューについての紹介です。

懐かしい食堂の雰囲気が漂う“山の音”ですが、うどんのコシや出汁も超一級です。

山の音(やまのね)の手打ちうどんについて


東生駒うどん_山の音 (9)

東生駒にある山の音(やまのね)のメニューはうどんが中心です。
蕎麦は扱っていないので、蕎麦アレルギーの人も安心。

メニューは少ないですが、ごはんものも少しだけあって、ごはんやおにぎり、天丼などがあります。

山の音(やまのね)
■ 住所
奈良県生駒市東生駒1-507
(近鉄奈良線 東生駒駅から徒歩12分、約781m)
■ 電話番号
0743-74-0634
■ 営業時間
11:00~17:00
土日のみ18:30まで
■ 定休日
水曜日、第2火曜日
■ 座席
16席
カウンター8席、テーブル4人掛け2席
■ 駐車場
5台

店内は少し狭く感じるかもしますが、懐かしい雰囲気がいいですよ。
家族で経営されているかと思うのですが、お店の人も明るく優しく対応してくれる印象です。

料理を注文すれば掛け声がかかり、すぐに調理してくれるので待ち時間は最小限です。

うどんのメニューはコチラ。

東生駒うどん_山の音 (6)

・かけうどん(490円)
・きつねうどん(590円)
・かやくうどん(590円)
・ざるうどん(600円)
・かまあげうどん(600円)
・鶏なんば(700円)
・にしんうどん(700円)
・カレーうどん(720円)
・天ぷらうどん(780円)
・ごはん(150円)
・おにぎり(220円)
・小天丼(480円)
・小玉天丼(500円)

値段もリーズナブルなので、好きなものを食べたいですね。
人気は、あんかけうどんらしいのですが、私はかやくうどんを注文しました。

“かやくうどん”ってどんなイメージでしょうか?
かやくごはんってのが関西にはありますが、炊き込みご飯のことで“まぜこぜ”になっています。

かやくうどんもいろんな具材が入っています。

東生駒うどん_山の音 (2)

水菜やうずら卵、かまぼこ、、こぶ、薄揚げなどがちょっとずつトッピングされています。
とくに感動したのが薄揚げで、味を染み込ませています。

東生駒うどん_山の音 (5)

ちょっとした工夫があるだけで、うどんの味も洗練されています。

そして、もう一品注文です。
“小玉天丼”となるどんぶりです。

東生駒うどん_山の音 (3)

天丼なんですが、エビ天、のり天、たまご天の3種類という組み合わせです。
半熟の卵の天ぷらは絶妙です。

半熟卵が天ぷらになって出てくるのですが、箸をいれて割ると中からトロッと卵の黄身がとろけてきます。
とてもおいしいです。

東生駒うどん_山の音 (4)

小天丼が480円ですが、小玉天丼は500円。

クセになるどんぶりです。
全般的に山の音のメニューは洗練されており、食べる価値がありました。

うどんは店内で手打ちされています。
コシがあって喉越しもいいのが特徴です。

持ち帰りメニューもいくつかあるようなので、自宅でも楽しめます。

ちなみに駐車場は、お店の裏手にあります。
5台ほど停められるので、電車じゃなくてもアクセスできます。

東生駒うどん_山の音 (1)

東生駒で和食ランチなら、山の音はおすすめです。
穴場的なスポットで、味も間違いなしのうどんを食すなら是非訪れてみてはいかがでしょう。

私的には、生駒の中でナンバーワンのうどん屋さんではないかと思います。
雰囲気も良くて落ち着いた店内なんで家族連れでも安心です。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター