FC2ブログ

記事一覧

幻の高山城!生駒に残る伝説の九頭神が残る場所

交通の要だった生駒の高山地域


高山城_生駒 (5)

生駒の北部に位置する高山地方。

同じ生駒市の中でも、少し雰囲気の違う地域です。
国道163号より北に位置する辺りが高山と呼ばれている地域ですが、昔や交通の要だったようです。

高山は、南都、河内、山城の「三国境」として、古い時代からさまざまな文化の交流が盛んでした。

中世には、興福寺一条院領の荘園となり「鷹山庄(たかやまのしょう)」と称されています。

高山城跡を探しに


高山城_生駒 (4)

高山城は、富雄川上流の生駒市高山町庄田に位置し、山城の標高は約218m、比高差は約40mです。
屋根の頂上に主郭があり、その東側から南西側に郭を配置して守りを固めています。

鷹山氏、一条院方衆徒で、応仁の乱から戦国時代初期にかけて越智・古市方に属し、南都を中心に活躍しました。
城の南方の法楽寺が菩提寺で、居館は寺の付近にあったと言われています。

高山町は、鷹山家が考案したと伝えられる茶筅の里としても知られています。

江戸時代に東大寺の大仏を復興した「公慶上人(こうけいしょうにん)」は、鷹山氏の出身で、公慶上人ゆかりの法楽寺や高山八幡宮などがあります。

高山城_生駒 (2)

高山城跡は竹林の奥にあり、見つけるのも大変です。
竹林の道を歩いていけば高山城跡に着くことが出来ます。

まさに幻の城と言ってもいいでしょう。

くろんど池から歩いていくコースが一般的です。
車やバイクを駐車して歩いていける距離です。

高山城_生駒 (1)

高山八幡宮とは別の場所に地主神(九頭神)を祀る神殿があったそうです。
13重の塔は高さ2丈1尺、塔の下に敷き詰められた玉石は「道明寺に参拝、6千余個の金剛石を拾って持ち帰った」とあります。

高山城のスペースは、決して広くないのですが、西や南の景色が絶景です。

九頭神も祀られている高山城跡


高山城_生駒 (3)

高山城跡に九頭神が祀られています。

「九頭神」が祀られていた場所について地元では色々な場所の伝承があるがそれを証明する古文書は見つかっていません。

九頭神を祭る神事が平田の森で、毎年11月10日に行われていたことが高山八幡宮の「座」に記され、現在も12月に東座内の九頭神座が頭屋の家で会食が行われています。

高山城_生駒 (6)

深い歴史があるようですが、現段階では分かりませんでした。
歴史のある地域だからこそ伝説などが残っているのでしょうね。

生駒に住んでいる私ですが、まだまだ知らないことがいっぱいです。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター