記事一覧

湖西道路4車線化は9月まで本格化!新たなバイパスは北小松まで

渋滞が続く道!湖西道路


湖西道路渋滞緩和 (5)

滋賀県の湖西はリゾート地として人気です。

夏は湖水浴やキャンプ、冬はスキーと言った楽しみが満載ですが、唯一の欠点は交通渋滞です。
やたら渋滞します。

もともと国道161号と湖西道路(有料道路)のある湖西地域でしたが、平成17年8月1日(月)午前0時より無料開放しました。
無料開放することで、国道161号は慢性渋滞を緩和することが出来ましたが、逆に湖西道路が渋滞する時間帯が増えました。

湖西道路無料区間

季節にもよりますが、渋滞時期は朝と夕方です。
大津から北上する場合は、朝8時30分ごろから13時ごろまで渋滞しますし、マキノや高島から大津方面へ変える間場合も早ければ14時30分ごろより渋滞します。

もちろん土日や平日といった条件にも違いますが、基本的には渋滞ポイントは同じです。
渋滞ポイントは、坂本北ICあたりになります。

理由は片側2車線(4車線)から片側1車線(2車線)になるからです。

大津方面より北上するときには、車線が半分に減少するため西大津バイパスで最高速度で走っていても減速しなければなりません。

前方の車が減速することで、後方の車がブレーキを踏んで連鎖したら渋滞が生まれます。
基本的に車線現象は左車線ですが、追い抜きも原因なのかもしれません。

湖西道路渋滞緩和 (2)

この渋滞区間は10年以上続いています。
道路の構造を変えるか交通量が減少する以外は激変することはありません。

逆に夕方のマキノや高島から大津へ向かう方向は片側1車線(2車線)から片側2車線(4車線)へ増える方なのに渋滞するのはなぜでしょう。

理由は、アップダウンのある道路の特性です。

湖西道路のほとんどは、インターチェンジ前後で下りと上りを繰り返す特徴があります。

つまり、アップダウンがある道路形状が一定の速度で走るのが難しいためです。
いつも思ってしまうのが渋滞の先頭は誰なのか?

誰もいません。

なぜなら渋滞の原因は自分ではないと思っているからです。

新たな道をつくるために着工開始


湖西道路渋滞緩和 (3)

そんな湖西道路もやっと渋滞緩和に動き出しました。

坂本北ICから真野IC方面まで片側2車線化(4車線)がすすめられています。
工事も順調そうで、早ければ2018年8月下旬ごろに4車線化が実現するかもしれません。

9月までは本格化する湖西道路の4車線化です。

真野ICまで4車線化するのは意味があります。
琵琶湖大橋からの湖西道路流入が多く、開通すれば交通分散が考えられます。

そして、現在は南小松まで伸びている志賀バイパス、比良バイパスも北小松までのバイパス工事がすすめられています。

湖西道路渋滞緩和 (4)

特に北小松方面は民家の近くを通り、道が狭いため渋滞や事故が多発する地域でした。
バイパスが開通することで、渋滞緩和にもなります。

ただ、今回の北小松バイパスは、JR北小松駅の近くを通るルートです。
北小松駅前の無料駐車場台数は従来、60台以上ありましたが現在では40台ほどになりました。

湖西道路渋滞緩和 (1)

路駐に停めると駐車違反になって切符を切られることもあります。

駅まで車で行くという習慣が保てなくなることも懸念しなければなりません。
道路が出来ることは地域活性化にもなります。

便利になることと引き換えに交通の流れが変わったり、生活の流れも変わってしまうこともあるのですね。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
あちこちの街を探検・発見
少しでも役に立つ情報を紹介!
趣味:キャンプ、スキー、写真
トレッキング、旅行、絵など
こまめに安い買い物が多いので
安物買いの銭失いと言われます

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター