FC2ブログ

記事一覧

森の中に釣り堀?子どもや初心者も楽しめる釣りを初体験

ひるがの高原でオシャレな釣り堀体験


ひるがの高原釣り堀 (1)

ちょっと前から気になっていた場所があります。

「ORK PARK」というアウトドア体験ができる場所です。
貸別荘があってグランピングが楽しめるキャンプ場で、ひるがの高原の大自然を満喫できるエリアが広がっています。

牧歌の里(牧華の湯)からも近く、ひるがのでアクティビティを楽しみたい人にはおススメです。

ORK PARK(オークひるがの)
■ 住所
岐阜県郡上市高鷲町鷹見上野2363-988
■ 電話番号
0575-73-2425

今回、貸別荘オークひるがの「ORK PARK」の敷地内にある釣り堀に行ってみました。

ひるがの高原釣り堀 (7)

「釣り堀っておっちゃんが麦わら帽子をかぶってのんびり釣りをする場所のこと」って思っていませんか?

オークひるがのの釣り堀は、キャンプパーク内にあるちょっとオシャレな釣り堀です。

釣り堀アウトドア体験が楽しい!



ひるがの高原釣り堀 (3)

日帰りでも楽しめるアウトドアリゾートとしてBBQやキャンプ、釣り堀などが楽しめる「ORK PARK」。

ひるがの高原の四季を感じながらアウトドア体験ができます。

カフェやドッグラン、ハンモックスペースなどもありイベントなどの利用でも人気です。

オークパーク内にある釣り堀は木陰の中、のんびり楽しめる場所です。

釣り堀で楽しむのに釣り竿などの道具がいりますが、手ぶらで楽しめます。

釣り堀の大きさは、約15m×訳10m程度の人口の池です。

ニジマス、イワナ、アマゴが泳いでいるようで、池の上から見ても魚がたくさんいるのが分かります。

釣り堀の営業時間は10:00~17:30(最終受付17:00)です。

■ 釣りセットレンタル:300円(釣り竿・エサ・バケツ)

釣り竿は1.5m程度で細くて軽い竿です。
針は、カエリのついていないので、魚を外すのも簡単です。

ひるがの高原釣り堀 (5)

エサは、団子のようなものを針の先につけるだけなので子どもさんでもできます。

バケツには水を入れて、釣った魚を入れておきます。

・追加のエサ:100円
・替え釣り針:100円

■ お持ち帰り:300円/匹
釣った魚は持ち帰りになります。
リリースはできません。

どの大きさでも料金は一緒で300円です。
※はらわた処理はしてくれます。

ニジマス・イワナ・アマゴが泳いでいるようです。

オークパークで調理もしてくれます。

■ セルフ調理:400円/匹
はらわたから串うちまで(塩焼きなどの調理はしない)

■ おまかせ調理:600円/匹
はらわたから串うちまでして塩焼きまでしてくれる

釣りについては、はじめにスタッフの人が丁寧に教えてくれます。

バケツを置いて、釣り竿にエサをつけてスタート。

池の真ん中に魚が泳いでいるので、なるべく遠くまで投げられる方が釣りやすい。

最初はタイミングが分かりにくく難しかったですが、慣れれば竿を上げるタイミングが分かります。

今回は、家族の分も含め5匹釣ってみました。

コツをつかむ時間もありましたが、1時間ほどかかりました。

エサをつついてくれる魚もいるのですが、喰いが浅いと逃げてしまいます。

それでも釣れたりアタリがあるので楽しいです。

魚を触るのが苦手な人もいると思います。

ひるがの高原釣り堀 (6)

大人でも苦手な人はいると思いますし、子どもさんは特に触れないかもしれません。

でも、せっかく釣った魚です。

釣り針を外してバケツに入れることができたら楽しくなります。

手がぬるぬるして気持ち悪いという人も手洗い場があるので、大丈夫です。

釣り堀だけでなくBBQもできるぞ!



ひるがの高原釣り堀 (4)

オークパーク内では、釣り堀だけでなく持ち込みBBQができます。

テラス席の1テーブル(120分)の利用で平日4,000円、休日8,000円。

火のついた炭、網、食器セット、ごみ処理代のすべてがセットになった料金です。
昼については10:00~18:00、夜については18:00~22:00(完全予約制)です。

また、手ぶらでBBQセットもあり2,500円程度からとリーズナブル。

ひるがの高原釣り堀 (8)

手ぶらでBBQ、そして釣り堀で釣った魚をその場で食べるという楽しみ方ができますね。

私の場合、奈良に帰る日に釣り堀に立ち寄ったので、そのまま晩御飯として持ち帰りました。

ひるがの高原釣り堀 (2)

ひるがのスマートICから3分程度なので、サービスエリアのファミリーマートで氷を買って持ち帰りました。

現地では、保冷バックが100円で販売していますが、持ち帰りをする人はクーラーボックスを持って行っているほうがいいのでは?

ひるがの高原で楽しめる釣り堀は、森の中にあるオシャレなキャンプ場にある釣り堀でした。
関連記事

スポンサードリンク

                 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kihto

Author:Kihto
奈良県在住
街歩きが好きで出掛けたくなる。
趣味:キャンプ、スキー、登山、トレッキング、旅行、写真、絵など
王道ではなくローカルなショッピングが多い。
Trip Communicator(トリップコミュニケーター)として活動。

スポンサーリンク

ブログランキング

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター